急性期・一般病棟

「急性期医療は大変!忙しい!」そんなイメージがまず思い浮かびますが、近年は職場環境が改善され、勤務時間や夜勤の調整、子育てママのための設備など、働きやすくなる制度が積極的に設けられています。入院費用の算定に関わるDPC制度の導入病院では看護配置割合の条件が7:1または10:1となっており、それに伴い看護師を募集する傾向にあります。
一人ひとりのベッドサイドでゆっくりと寄り添った看護をおこなうというのは難しいですが、医療の最先端に関わっているという充実感があります。電子カルテの導入や、医療機器の進歩で質、量ともに多くの情報を扱うので、最低限のPCスキルは求められます。 新卒で入職する看護師さんも多く、新卒看護師向けの教育体制がとても充実しています。最近では中途入職者向けの教育カリキュラムを導入し、受け入れ体制を整えている病院も多いので、「ついて行けるだろうか。」と心配されなくても大丈夫です。

こんな人はやりがいいっぱい!

  • 忙しい職場でバリバリ働きたい。
  • 最先端医療に携わり、高度な医療行為や手技を身につけ、スキルアップしたい。
  • 多くの患者さんと関わり、さまざまな症例を経験したい。
  • 患者さんの状態がどんどん良くなっていく経過をみていきたい。

こんな厳しさも

  • 在院日数の短縮化に伴い、患者さんとの信頼関係が作りづらいという声もある。
  • 急性期を脱した患者さんは次の受け入れ先へ転院することも多く、その患者さんのその後の回復状況が見届けられないケースもある。
  • 治療内容が複雑多岐にわたるため、高度で多くの情報を迅速に処理しなければならない。
  • 医療の進歩についていくため、常に勉強とスキルアップが求められる。

こんな働きやすさも!

  • 看護師同士、忙しいからこそ互いに助け合おうという意識が高く、サポートし合う体制を整える病院が増えている。
  • 小さい子どもを抱えていても復職しやすいよう、時短勤務や院内保育などの制度を整えている病院も多い。

急性期・一般病棟は医療の最先端にたずさわれ、スキルアップも可能!


コンサルタントに相談する求人を探す

看護師求人情報センター

転職のプロであるコンサルタントが、看護師求人情報センターでお待ちしています!

こんな方にご利用をおすすめ!!

  • より多くの求人情報を見たい
  • 顔を見て相談したい
  • 非公開のおすすめ求人が知りたい
  • とにかくいろいろ相談したい

各都道府県センターのご案内



求職者一人ひとりに合った好条件の転職先をお探しします。ご希望条件や転職の不安・お悩み含めて、何でもお気軽にご相談ください

カンタン!1分登録!完全無料転職相談に申込む

キャプラ 看護ナビへのお問い合わせはフリーダイヤル0120-074-560 受付時間は月曜から金曜の10時から17時まで